2010年夏季インターンシップ情報 > 研修場所 >
  海外

[More] [New Window]
 
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [このカテゴリに新規登録]

  1 - 6 ( 6 件中 ) 

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    ホシノドリームズプロジェクト(2010年冬、2011年夏)
    [業種:サービス] [研修場所:海外] [締切日:9月1日(水)以降]
    ◇応募条件
    ・20歳以上で、心身ともに健康であること。
    ・日常会話が出来る英語力があること。
    ・丁稚奉公の精神で、スポーツビジネスの現場でインターンシップを行うやる気があること。
    ・社会生活を送る上で、最低限のマナーを心得ていること。
    ・実施期間内にインターンシップへの参加ができること。

    ◇募集期間
    □第四期生(冬)
     2010年2月12日〜2010年9月30日(予定)
    □第四期生(夏)
     2010年7月16日〜2011年4月28日(予定)

    ◇選考期間
    □四期生(冬) 2010年4月1日〜
     ■現在書類応募受付中
    □四期生(夏) 2010年11月1日〜
     ■現在書類応募受付中

    ◇実施期間
    四期(冬):2010年12月〜2011年4月の間の6週間
    四期(夏):2011年6月〜2011年9月の間の6週間
    ※上記期間は、全て予定となります。全く別の時期となる可能性もございますので、予めご了承下さい。

    ◇主な派遣先
    ・トライシティダストデビルズ
    ・バンクーバーカナディアンズ
    ・サンノゼジャイアンツ
    ・フォートマイヤーズミラクル 

    *詳細はHPをご覧下さい。
    (HPより転載:10−07−19)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    EUSIインターンシップ2010(対象:一橋、慶應義塾、津田塾の大学院生)
    [業種:団体・行政機関:諸団体、非営利法人] [応募資格:修士・MBA] [研修場所:海外] [締切日:5月1日(土)〜5月31日(月)]
    海外奨学金制度(インターンシップ)は、EUSIのメンバー校である一橋大学、慶應義塾大学、津田塾大学の大学院生で、EUに関する研究を行っている者に対し、欧州へ渡航する機会を与え、欧州での実務経験を通じてEUへの理解を深めてもらうことを目的として設立されました。
    2010年度のEUSIインターンシップ募集要項は下記の通りです。

    EUSIインターンシップ2010募集要項

    EUSI(EU Studies Institute in Tokyo)は、EU関連機関でのインターンシップを目的に欧州へ渡航する大学院生を対象に奨励金を支給します。以下の募集要項に従い、奮って応募してください。

    1. 対象者 :EUSIを構成する一橋大学、慶應義塾大学、津田塾大学の各大学院に在籍し、EUに関する研究を行っている者(外国人留学生を除く)。但し、課程修了者も可能。

    2. 募集人員 :1名

    3. 研修先機関 :欧州委員会、欧州議会、理事会事務局、欧州司法裁判所など、EUの諸機関や補助機関を優先する。その他EU関連NGO、企業なども可能。

    4. 奨励金 :1人につき上限50万円 (渡航費と日当)

    5. 派遣期間 :2010年10月1日〜2011年9月30日の間で研修に必要な期間

    6. 応募書類 :(HPをご覧下さい)

    7. 募集期間 :2010年5月10日(月)〜24日(月)

    8. 選考日程 :2010年6月4日(金) 面接を行う場合は事前に本人に通知します。

    9. 選考 :提出された応募書類に基づき1名をEUSIインターンシップ担当ワーキング・グル−プが選考する。但し、必要に応じて面接を行う。

    10. 選考結果 :2010年6月11日(金) (本人に通知)

    11. 帰国後の報告 :帰国後1ヶ月以内に、報告書及び必要書類を当該所属大学へ提出すること。

    *詳細はHPをご覧下さい。
    (HPより転載:10−05−07)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    シュルンベルジェ
    [業種:メーカー:建設・住宅・エンジニアリング] [研修分野:研究開発・技術系] [応募資格:理系] [研修場所:海外] [締切日:5月1日(土)〜5月31日(月)]
    シュルンベルジェは、1920年代フランスで創業して以来、石油探査技術のパイオニアとして世界の油田サービスをリードしてきました。私たちの使命は石油会社が石油を生産するために必要な、あらゆる技術やサービスを提供すること。現在では社員8万人を抱え、世界80か国で操業している石油業界や産油国では知らない人はいない有名な会社に成長しました。代表的な技術サービスとして、地震探査やワイヤーライン検層技術 (測定機器を油井の底に下ろし、地層の物理特性を調べる技術) などがあります。 シュルンベルジェには、世界に50箇所以上の研究所や開発センターがあり、油田で使用する探査機器の研究・開発・製造を行っています。宇宙空間よりも過酷と言われる地下何千メートルの超高温・高圧環境下で狂いなく動作する精密機器を開発すること。それは世界中から集まった、さまざまな分野のエンジニアや科学者の頭脳を集結することにより初めて実現しています。
    私たちの研究所や開発センターで、この夏インターナショナルインターンシップを体験してみませんか?

    ◇応募資格
    理工系の学科を専攻する学生で、平成22年4月の時点で学部3年生以上の方または大学院修士の方で 夏休みに1.5か月以上インターンシップが可能な方

    ◇募集要項
    『将来のキャリアプラン』という英語の小論文および履歴書をお送りください。
    小論文: A4サイズ用紙で3枚以内(図・表は除く)。
    別紙に400字以内の日本語要約も添付してください。
    履歴書: 英文・和文の両方 (写真貼付、形式は自由) の履歴書をお送りください。 履歴書には次の情報を含めてください。 氏名、現住所・電話番号、夏休み中の連絡先住所・電話番号、メールアドレス、生年月日、学校名、学年、専攻 研究テーマ(あれば)、TOEICまたはTOEFLスコア(あれば)、パスポートの有無・有効期限、インターンシップが 可能な期間 (最低1.5か月)

    ◇応募締切
    平成22年5月10日(月)必着

    ◇送付先(HPをご覧下さい)

    ◇選考
    論文審査のうえ面接 (5月中旬実施予定) を経て、入選者若干名を決定

    ◇派遣先
    世界各地のシュルンベルジェ リサーチセンターまたはテクノロジーセンター

    ◇派遣期間
    夏期休暇中の1.5か月から3か月

    ◇費用
    往復旅費、ビザ申請費、研修中滞在費(住居費・食費)のほか、滞在中の諸雑費として相応の手当を支給

    (HPより転載:10−04−23)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    国際連合日本政府代表部
    [業種:団体・行政機関:国際機関] [応募資格:専攻分野不問] [研修場所:海外]
    国際連合日本政府代表部の政務部、経済部及び行財政・国際機関人事部では、下記の要領にて、邦人学生を対象としたインターンを随時募集しています。

    対象者 : 米国の大学に在籍する大学院生または大学学部生(政務部は大学院生優先)

    場所 : ニューヨークに所在する国連日本政府代表部内(866 UN Plaza, #230, New York, NY 10017 (48th St & 1st Ave) )

    期間 : 可能な限り長期(最低2か月)、週3日以上。ご応募の際に、インターンが可能な期間(開始時期等)を明記して下さい。

    時間 : 原則として午前9時半から午後6時半まで

    その他の必要条件 :
    1)日本国籍を有すること。
    2)インターンの実施が単位取得等学業に関連したものであること。
    3)米国において合法的に滞在するビザまたは永住権を有していること

    業務内容 :  
    - 政務部:国連安全保障理事会に関する業務の支援、その他国連における公開会合及び関連公開情報の収集等
    - 経済部:開発問題あるいは環境問題に関する業務の支援等
    - 行財政・国際機関人事部:国連事務局及びPKOの機構、予算、人事等に係る国連第5委員会での国際交渉業務の補佐及び当部の運営に関する事務補助等

    待遇 : インターン実施に要する経費(交通費、食費、宿泊費等)及び業務の対価にあたるものは一切支給されませんので、ご了承下さい。

    応募に必要な書類:履歴書・推薦状・成績表

    (HPより転載:10−03−30)
    *応募方法他はHPをご覧下さい。

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    JICA(国際協力機構)インターンシッププログラム
    [業種:団体・行政機関:国際機関] [応募資格:文系] [応募資格:修士・MBA] [研修場所:東京都] [研修場所:茨城県] [研修場所:神奈川県] [研修場所:広島県] [研修場所:福岡県] [研修場所:海外] [締切日:〜4月30日(金)] [応募資格:理系]
    1.目的
    本プログラムは、国際協力・開発援助に関わりの深い研究を行い、将来同分野において活躍する意志を持っている大学院生を対象に、JICA各機関(本部、国内機関、在外事務所)における実務実習を通じて、JICA事業及びわが国の国際協力・開発援助に関する理解を深めていただくことを目的としています。

    なお、本プログラムはJICA職員採用及び他の研修制度(ジュニア専門員制度、海外/国内長期研修員制度等)における選考とは関係なく実施するものであり、本プログラムが直接採用等に結びつくことはありません。

    2.応募資格

    (1)応募時及び実習期間全体を通じて、
    1.日本の大学院(専門職学位課程、修士課程、博士課程)に在学中の者、または
    2.海外の大学院に留学中の者。

    (2)国際協力・開発援助に関係のある研究を行っていること。

    (3)将来国際協力関連の仕事に従事することを希望していること。

    (4)心身ともに健康であること。(特に海外での実習を希望する者は、配慮を要する既往症や病気にかかっていないこと。)

    (5)十分な日本語能力及び実習に必要な外国語能力を有すること。英語の場合は英検2級以上、TOEIC640点以上、またはTOEFL iBT61(PBT500点, CBT173)以上、IELTS5.0以上。フランス語は仏検2級以上、DELFA2以上。スペイン語は西検4級以上、DELE 初級以上。なお、実習内容によっては上記レベル以上の外国語能力が求められることもあります。詳しくは「実習ポスト一覧」(別添1)(PDF/1.9MB)の「応募資格要件以外に必要な要件」を参照願います。

    (6)これまで本プログラムに参加した経験がないこと。

    (7)現在、JICA国内長期研修制度及び海外長期研修制度の受講者でない者。

    (8)希望実習ポストの指定する「応募資格要件以外に必要な要件」を満たしていること。

    (9)本プログラム参加に要する経費を基本的に自己負担する者。

    *実習期間
    原則として、平成22年7月中旬〜平成23年2月末までの間の、1ヶ月〜4ヵ月間です。

    *応募締切日
    平成22年4月22日(木)…必着

    *内容詳細、応募方法等HPをご覧下さい。

    (HPより転載:10−03−30)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    国連本部インターンシップ・プログラム
    [業種:団体・行政機関:国際機関] [応募資格:文系] [応募資格:修士・MBA] [研修場所:海外] [応募資格:理系]
    このプログラムは、参加者の間に、世界が直面する主要な問題に関する理解を促進し、こうした問題に解決策を見つけようとする国連の努力について見識を高めてもらうことを目的としています。

    国連本部インターンシップ・プログラムは、1年間に2ヶ月ずつ3回(1月半ばから3月半ば、5月半ばから7月半ば、および9月半ばから11月半ば)にわたって実施される。

    このプログラムにより、本部の各部局は、以下の分野を専門とするすぐれた大学院生の支援を得ることになる。

    経済
    人道問題・環境問題
    情報システム
    国際法(法律専攻2年目の学生のみ)
    国際関係
    ジャーナリズム、メディア、コミュニケーション学
    図書館学
    政治学
    人口調査
    行政
    公共政策
    社会問題
    翻訳および術語学
    女性学

    資格
    応募者は、応募の時点およびプログラム期間中に修士コースに在籍する方々でなければなりません。高等教育が学部と大学院に分かれていない国の応募者は、少なくとも3年間の大学教育を終了していなければなりません。
    すでに修士号を取得している者は対象とされません。

    これらの資格を満たす方は誰でも応募できますが、特に、以下の国のインターンが歓迎されます。(*国名省略)

    インターンシップの条件
    インターン学生は無給。交通費、宿泊費、滞在費は、本人またはその後援組織が負担。

    応募手続
    以下の住所宛ての郵便またはファクスで、応募用紙を請求のこと(電子メール不可)。(*以下省略)

    (HPより転載:10−03−30)
  1 - 6 ( 6 件中 ) 
【その他のカテゴリ】[↑ページTOPへ]

インターンシップナビ © 2010 一橋企画株式会社