2010年夏季インターンシップ情報 > 研修場所 >
  新潟県

[More] [New Window]
 
[他のカテゴリ] [サイトマップ] [ヘルプ] [このカテゴリに新規登録]

  1 - 3 ( 3 件中 ) 

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    J-POWER 電源開発
    [業種:電力・ガス・運輸・通信] [研修分野:研究開発・技術系] [応募資格:理系] [研修場所:北海道] [研修場所:新潟県] [研修場所:静岡県] [研修場所:愛知県] [研修場所:神奈川県] [研修場所:広島県] [研修場所:徳島県] [研修場所:長崎県] [研修場所:宮城県] [締切日:7月1日(木)〜7月10日(土)] [注目企業:電力・ガス・運輸・通信]
    J-POWERグループ(※)のインターンシップは、大学院・大学・高等専門学校の技術系学生の方々に、日本の電力の安定供給に貢献する当社の発電所等での業務の一部を経験していただくことにより、これまでの学習の成果を再確認していただくとともに、今後の就業選択の一助となることを目的としています。

    ※ インターンシップは、J-POWERグループのうち、電源開発株式会社、株式会社JPハイテック、株式会社ジェイペックが共同で実施します。

    【実習内容】

    <実習期間>
    2010年8月23日(月)〜8月27日(金)

    <受入候補部門>
    全国の発電所・電力所、送電管理所、情報通信所等。
    なお、実習箇所につきましては希望等をもとに、当社にて選定します。

    (1)水力発電部門
    上士幌電力所(北海道)
    小出電力所(新潟県)
    佐久間電力所(静岡県)他
    (2)送変電・通信部門
    北本連系電力所(北海道)
    名古屋電力所(愛知県)他
    (3)火力発電部門
    磯子火力発電所(神奈川県)
    竹原火力発電所(広島県)
    橘湾火力発電所(徳島県)
    松浦火力発電所(長崎県)他
    (4)地熱発電部門
    鬼首地熱発電所(宮城県)

    <応募受付期間>
    2010年6月14日(月)〜2010年7月9日(金)(締切当日の消印有効)

    *詳細はHPをご覧下さい。
    (HPより転載:10−06−14)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    新光電気工業
    [業種:メーカー:エレクトロニクス・半導体・電子部品] [研修分野:研究開発・技術系] [応募資格:理系] [研修場所:長野県] [研修場所:新潟県] [注目企業:メーカー:エレクトロニクス・半導体・電子部品] [締切日:6月21日(月)〜6月30日(水)]
    こんにちは。新光電気工業 採用担当です。
    この度は、当社のインターンシップに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

    みなさんは今、自分の将来にどのようなビジョンを持っていますか?

    「社会人になるとはどういうことだろうか」
    「自分の専攻は、実際に企業でどのように活かせるのだろうか」
    「自分はどのような仕事が合っているのだろうか」 etc.

    自分の専攻や将来のキャリアについて、迷っていたり、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

    インターンシップ制度とは、「学生が在学中に、自分の専攻や将来のキャリアに関連した企業で就業体験を行い、卒業後の職業・職場選択に活かす」というものです。

    さまざまな専門分野が集結する”半導体業界”において事業を展開する新光電気では、幅広い分野のスペシャリスト達が活躍しています。
    その中で、みなさんに”ものづくりの現場”に触れ、”最先端技術の創造力”を体験していただけるよう、多彩なテーマをご用意いたしました。

    この機会がみなさんの職業観の確立・適性の発見の有効な足掛かりになれば、と思っています。

    皆様のご応募をお待ちしております!

    <応募資格>
    ・理工系学部(学科)在籍の方
    【対象専攻】
    電気電子/機械/化学/材料/情報/その他理工系
    (特別な知識・経験は必要ありませんが、基礎的な理工系の知識が必要です。)
    ・大学3年生/大学院1年生/進学が決定している大学4年生
    高専4年生/専攻科1年生
    ・当社の事業分野を就職対象として考えており、仕事内容を実体験したい方
    (仕事の適性発見を主目的とするインターンシップの性格上、既に就職先が内定している方はご遠慮ください。)
    ・2〜3週間程度連続して実習可能な方
    (期間については個別に相談の上決定します。就職活動や授業出席等のための欠勤は考慮します。)

    *詳細はHPをご覧下さい。
    (HPより転載:10−06−03)

    タイトル(社名、団体名)をクリックすると募集ホームページが開きます。

    独立行政法人土木研究所
    [業種:団体・行政機関:諸団体、非営利法人] [研修分野:研究開発・技術系] [研修場所:新潟県] [研修場所:茨城県] [締切日:6月1日(火)〜6月20日(日)]
    平成22年度 独立行政法人土木研究所夏期実習生の募集について

     独立行政法人土木研究所では、7月から9月の夏季休暇期間において、大学等の学生に当所の研究業務等を体験させる「夏期実習生」の募集を行っております。

    1.対象者:
    学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する大学又は高等専門学校(大学等)の学生のうち、所属する大学等が意欲、成績、人物、素行等に優れ、服務規律等を遵守することが確実であるとして推薦した者。

    2.受入部署・期間・内容:
    7月から9月までの夏季休暇期間において1週間以上の受入れとなります。
    実習時間は、原則として午前8時30分から午後5時15分までです。
    実習生の受入部署・期間等の詳細は、HPから平成22年度 夏期実習生受入予定一覧表(12KB)をご覧下さい。

    3.申請方法・書類:
    大学等の実習生担当者は、推薦する実習生を取りまとめ、土木研究所に下記(HP御参照)の書類を郵送して下さい。

    <申請書類> 実習生調査表(様式1)(39KB) 実習生推薦申込書(様式2)(34KB)

    推薦によって取得した個人情報については、平成22年度夏期実習生受入れに係る事務以外の目的で使用することはありません。

    4.応募締切:
    平成22年6月18日(金)土木研究所 必着

    5.受入れ学生の決定:
    平成22年6月中に、書面にて受入れの可否を各大学等あてに通知します。
    (事情により遅れる場合もあります。)

    学生の受入れが決定した際には、土木研究所と各大学等において、覚書(31KB)を交わすこととなります。
    また、受入に際しては、「学生教育研究災害傷害保険」及び「インターンシップ等賠償責任保険」等の保険に加入していることを条件とします。

    6.所用経費:
    本実習の必要経費(交通費、滞在費、保険料、日当、食費、旅費)は、実習生本人又は大学等が負担することとなります。

    *詳細はHPをご覧下さい。
    (HPより転載:10-05-28)
  1 - 3 ( 3 件中 ) 
【その他のカテゴリ】[↑ページTOPへ]

インターンシップナビ © 2010 一橋企画株式会社